泌尿器の癌


sponsored link

  第三者広告配信について
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。








sponsored link





血尿と癌は密接な関係にあります。血尿が癌発見の契機となる場合も少なくはありません。
腎臓癌・膀胱癌・腎盂尿管癌・尿道癌・前立腺癌などが、血尿が伴う癌として挙げられます。
特に癌が原因での肉眼的血尿が見られる場合は、すでに中期以降の進行度の可能性も挙げられ、非常に危険です。

そもそも癌とは、細胞が外因内因関係なく様々な要因で変化をきたし、制御が効かず勝手に増殖していく腫瘍細胞の中でも、特に急激に増殖し続けその周辺細胞にも浸透・転移していく悪性のものを指して言います。最終的には死に至らしめる可能性が非常に高く、治療としては癌細胞を取り除く、もしくは殺すしかありません。癌だけでなくどのような病気に対しても言える事ではありますが、発見が早ければ早いほど治療が有効になります。

治療法は大きく3種類の療法が取られます。外科療法・放射線療法・化学療法の3つです。
外科療法は摘出手術がメインとなります。癌細胞を切除しますが、可能な限りその後の社会復帰に向けて周辺の機能を失くさないよう考慮されます。
放射線療法は高エネルギーの放射線を当てて癌細胞を殺してしまう治療です。発見が早い場合や、機能の温存を目的とした場合に選択が多いです。また、末期患者の苦痛の緩和にも用いられることがあります。
化学療法は抗癌剤の投与による、癌細胞の分裂阻止や死滅を目的とした療法です。血液中に入り全身を巡るので全身の癌細胞に有効です。しかし副作用も一番懸念されます。局部的な治療ではなく、癌細胞だけを攻撃するような利便性もいまだ薄いため正常な細胞も傷つけられてしまいます。嘔吐・脱毛・疲労感などがあります。

現在では癌の種類や進行度合いなど、その状況に応じてすべてを組み合わせた集学的治療を取ることが有効です。現代医療の発達により治らない病気から治る病気へと変化しつつありますが、やはり発見の速度が最重要視されることは間違いありません。
日頃から健康への関心を持つようにして頂ければと願います。



治療法について

sponsored link



血尿/尿潜血〜原因と治療〜TOP

copyright©2009  血尿/尿潜血〜尿のトラブル〜  All Rights Reserved